新機能 イベント主催者向け機能「重複参加の許可/禁止」機能と「グループブラックリスト」機能をリリースしました。詳しくは こちら

お知らせ ビープラウド、「90日で稼げるプログラマーに」オンライン学習サービス「PyQ(パイキュー)」を販売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月

1

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06

主催 : レッドハット株式会社

ハッシュタグ :#ansiblejp
募集内容

抽選枠

無料

先着順(抽選終了)
306/130

発表者枠

無料

先着順
1/1

LT枠

無料

先着順
5/5

イベントの説明

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06

昨年度Ansible社を買収したレッドハット株式会社でmeetupを行いたいと思います。

元Ansible社、現レッドハットの技術者 Dylan Siliva氏の講演を予定しています。(通訳はありません)

過去のmeetup

タイムテーブル (仮)

以下のタイムテーブルは仮であり、随時更新されます。

  • 19:00 開始
  • 19:00 - 19:10 会場の説明など
  • 19:10 - 19:40 「Ansible Core 2.0 Overview and future releases」 by Dylan Siliva (通訳はありません)
  • 19:40 - 20:00 Jupyter+AnsibleによるLiterate Computing(手順書 as a Code)への挑戦 @ enakai00
  • 20:00 - 20:10 休憩
  • 20:10 - 20:30 「共通言語Ansible」 @seri_wb
  • 20:30 - 21:10 LT (5 分 x 4人)
    • 「ansible-vaultについて何か」 (ynn)
    • 「Ansibleの教育トレーニングはじめました」 (spchildren)
    • 「Ansible2.0とOpenStackの関係」 (saito_hideki)
    • 「Playbookからのドキュメント自動生成やってみてる」 (h-hirokawa)
    • 「Ansibleとterraformで実現するタグベース複数環境プロビジョニング実例」 (takuya_onda_3)
  • 21:10 解散

20分〜30分の発表およびLTをしてくださる方を募集します(発表は1名、LTは4名。ただし人数の増減は応相談)。 Twitter: @r_rudi に仮でも構いませんので発表タイトルを連絡し、「発表枠」あるいは「LT枠」から申し込みをしてください。

「Ansible Core 2.0 Overview and future releases」 by Dylan Siliva

「共通言語Ansible」 by @seri_wb

自プロジェクトのansibleを使ったシステム開発の様子で、うまくいっているところ、いっていないところ交えて話したいと思っています。テックな話ではありません。

参加費

無料

動画・生中継について

ありません

主催

レッドハット株式会社 (https://www.redhat.com/ja/global/japan)

サポート

ツキノワ株式会社 (http://tsukinowa.jp/)

会場

レッドハット株式会社 恵比寿ネオナート5階セミナー会場

会場への行き方

行き方:JR恵比寿駅 東口を出て右すぐ。渡り廊下越えの恵比寿ネオナートビル 5階 に直接お越しください。エレベーターホールから左奥正面の扉からお入りください。

受付にて connpass の ID を確認させていただきますので、事前にご確認ください。connpass のトップページ右上にある自分のアイコンをクリックすると表示されます。

会場ビルは、20時以降は入り口が施錠されて入れなくなります。必ず、20時までに会場に入るようにお願いします。

万一20時を過ぎた際は、ハッシュタグ #ansiblejp でTweetしてください。関係者が気づいた際は1F通用口まで迎えに行きますが、Tweetを見張っている担当者がいるわけではありませんので、すぐに迎えにいけるとお約束はできません。予めご了承下さい。

入館について

当日は、 受付票をスマートフォン等でご提示ください。

注意事項

  • 受付票に記載の本人のみが参加できます。 受付票をお持ちでない方は入場できません。
  • 無線LANは利用可能ですがつながりにくくなると予想されるので、テザリングをご利用ください。
  • 電源タップは数に限りがあります。

懇親会について

公式な懇親会は特に予定しておりません。

資料 資料をもっと見る/編集する

フィード

ynn

ynnさんが資料をアップしました。

2016/06/03 12:40

seri

seriさんが資料をアップしました。

2016/06/02 13:42

rudi

rudi さんが Ansible Meetup in Tokyo 2016.06 を公開しました。

2016/04/29 21:57

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06 を公開しました!募集は5/2からです。

グループ

Ansible ユーザー会

Python製サーバープロビジョニングツールAnsibleの勉強会

イベント数 8回

メンバー数 1707人

終了

2016/06/01(水)

19:00
21:00

募集期間
2016/05/02(月) 09:00 〜
2016/06/01(水) 12:00

会場

レッドハット株式会社 恵比寿ネオナート5階セミナー会場

東京都渋谷区恵比寿4丁目1番18号

レッドハット株式会社 恵比寿ネオナート5階セミナー会場

管理者

参加者(136人)

tomitakazutaka

tomitakazutaka

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06に参加を申し込みました!

volanja

volanja

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06に参加を申し込みました!

fw_tx76129

fw_tx76129

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06 に参加を申し込みました!

yojiro

yojiro

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06に参加を申し込みました!

t2y

t2y

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06 に参加を申し込みました!

junejyun

junejyun

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06に参加を申し込みました!

MMatsuzaka

MMatsuzaka

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06 に参加を申し込みました!

bells17_

bells17_

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06に参加を申し込みました!

furukidot

furukidot

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06に参加を申し込みました!

uyorum

uyorum

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06 に参加を申し込みました!

参加者一覧(136人)

補欠者(176人)

Wireworkes

Wireworkes

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06に参加を申し込みました!

rinka_999

rinka_999

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06 に参加を申し込みました!

kohei_yamada_908

kohei_yamada_908

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06 に参加を申し込みました!

mcmarline

mcmarline

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06 に参加を申し込みました!

yoshitan

yoshitan

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06 に参加を申し込みました!

satoru739

satoru739

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06 に参加を申し込みました!

YOUG_XX

YOUG_XX

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06に参加を申し込みました!

sgykfjsm

sgykfjsm

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06 に参加を申し込みました!

imoyoukan

imoyoukan

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06 に参加を申し込みました!

Emilien Kenler

Emilien Kenler

Ansible Meetup in Tokyo 2016.06 に参加を申し込みました!

補欠者一覧(176人)

キャンセルした人(97人)